景気回復感を得た業種で採用を控えていた企業が求人活動再開

求人サイトを見てアルバイトして思ったこと

アルバイトをしようと高校生のときに思っていましたが、アルバイト求人が少なくできなかった思い出があります。もともとアルバイト禁止だった学校に通っていたのですが、大学に進学することをきっかけに東京に上京することを考えていたのでひっそりとお金を貯めたかったのです。実家もアルバイトする時間があるなら勉強しろという家庭だったので、積極的にアルバイトを探すことができませんでした。

大学に入って東京に出てから始めてまじめに求人サイトを見てみましたら、その職の多さに驚きました。飲食だけでなく設計やエステの仕事もあり、地方とはやはり違うなと思いました。いくつかアルバイトを経験しましたが、求人サイトに載っている情報と違うとこらが多々あるものなんだと学びました。カフェのアルバイトに受かって一年間ほど働きましたが、サイトに載っていた時給は1050円?だったのに、私が実際もらっていたのは時給1000円でした。あれ?と思っても言い出せなかったのを覚えています。恐らく研修扱いにされていたのだと思いますが、それすら言われなかったので不安に思っていました。今のアルバイト先で「ある程度仕事ができるようになったらこの時給になる」とはっきり店長が言っているのを知り、やはり求人の際にサイトにしっかり記載するべきだと思いました。