景気回復感を得た業種で採用を控えていた企業が求人活動再開

求人には、ミスマッチが付き物。

求人というのは、企業等が労働者を募集するために出す広告となります。有料の求人雑誌等やインターネット上、新聞やハローワークへ掲載をすることになります。今の時代、求人を出すと直ちに人が埋まってしまうことは少なくありません。求職者がそれでも一定数以上存在しており、企業としても「人をいつも募集しています」という所は少なくないようです。特に飲食関係の企業の場合、人手不足であり「休日が貰えない」ということで人が集まらなく、常時求人をしている所だってあります。また、求人を出す場合、コストが掛かったりします。ただ、自社で求人を直接出す場合はあまり費用は掛かりませんし、ハローワークに出す場合は無料だといいます。ですが、ハローワークの場合、「この企業はヤバいかもしれない」という警戒心を持つ場合があるかもしれないので、求人を出すときは「清廉潔白な会社です」というスタンスを持つべきです。

求人広告を出す場合、広告や宣伝として経費で落とすことができます。事業のために必要な広告である以上、事業税が軽減されることがあります。「宣伝広告になるから、別に求人は期待しないで良いかも」というスタンスになることがあります。求人を出しておきながら、電話やメールで応募もしくは求人の問い合わせをしたら「現在、求人は締め切りました」とその日に出た求人でありながら「終わりました」という旨を求人者が言うことはあります。また、求人の面接を実際に受けた場合、求人広告に書かれていることとは違うことを言われることもよくある話です。「ウチの会社では、日曜日も稼動することがあります」と採用担当者が言うと求職者は寝耳に水、つまり「そんな筈は!」と思うことがしばしばあります。ミスマッチが起こるのです。「ウチの会社は、今は繁忙時なので休日出勤をしないといけないから」という求人側と「日曜が完全に休日なのに、休日出勤させるのはおかしい」と双方が食い違ってしまうのです。また、「是非ウチに来てください」としておきながら、「申し訳ありませんが、Aさんは採用を見送りとします。二転三転して申し訳ありません」と求人者が採用を撤回したりすることもあります。

ミスマッチが起こるのは、巷に在る無料の求人媒体やハローワーク等に多いそうです。無料求人媒体の場合、求人者はどうしても費用負担をして「労働者が多数活躍している」感を出すため、事実と少し異なることを表現してしまいがちです。30代以上で業界経験無しはNGだというのに40代でも未経験可能です、みたいな求人広告に騙されたという経験を持つ人はいるようで、求人側としては「主として20代だと採用し易い」のが本音だったりするようです。求人のミスマッチが起きた場合、「読者相談室」に苦情を言えば良いと思います。また、ハローワークでは職員に「この会社、よく求人を載せていますけど、実際は採用活動していないそうです」と苦情を言うのも一つの手です。また、「よく求人を載せている企業」というのは「人が集まらない企業」もしくは問題が在る企業と思った方が良いでしょう。従業員に体裁が悪い人物がいる場合、他の社員は嫌うことがあり、「この会社、ヤバい!」というレッテルを貼られることがあり、求人広告を出す会社としても「本当はヤバいけど、明るい会社にしとかないと叩かれる」ということで「成長企業」としておいて求人に出したりするのです。